HEROZ JAPAN AI x mobile

RECRUIT採用情報


HEROZのメンバーをご紹介。

  • staff_thumbnail_01
  • staff_thumbnail_02
  • staff_thumbnail_03
  • staff_thumbnail_03
  • staff_01

    人工知能研究者 平岡拓也さん

    2014年入社

    世界コンピューター将棋選手権優勝のApery開発者

    これまでのキャリア
    前職では半導体メーカーで開発を行ってきました。その仕事の中では人工知能(AI)は使ってきませんでしたが、業務上プログラミングを学ぶ必要があり、たまたま興味のあったコンピューター将棋でプログラミングを勉強しようとしたところから、AIについて本格的に勉強し始めました。昔からスポーツなどを続けてきて、何かに没頭する性格だったので、コンピューター将棋についても、趣味としてのスタートでしたがかなりのめりこみました。勝ちたい相手がいて、その目標に向かって技術的に改善を繰り返していき、目標を越えたときはとても面白いですね。ルール通り動かすところなど根気のいるところも多いですが、機械学習や、探索などそれぞれのフェーズごとに面白い部分がありますね。
    なぜHEROZを選んだのか
    前職を辞めることについては自分の中では気持ちが固まっていましたが、その後何をしたいというのは明確にない状態でした。たまたま、将棋ウォーズのユーザーだったのでHEROZを知っていて、知人も働いていたので、将棋AIを学んできたことを活かして働いてみるのも面白そうだと感じて入社しました。
    今の仕事の面白さとやりがい
    本当に面白い人がたくさんいることです。私に出来ることは、探索や機械学習などの部分的なものになりますが、社内には人工知能分野はじめ、業界トップクラスの固有のスキルをもったメンバーが多くいるので、その人たちと一緒にモノづくりができていることが本当にやりがいになっています。
    また、前職の際は、ユーザーが見えにくいと感じていましたが、今はユーザーが見えるのでその点でもやりがいを感じやすいですね。
    HEROZらしいところは?
    やりがいともつながってきますが、HEROZには優秀で個性的な人が多いと思っています。それぞれが得意な分野を持っていて、その人たちが集まって、面白いチームができている。
    エンジニアやデザイナー、プロデューサーなど面白い人達が近くに集まって一丸となって、面白いモノづくりができることがHEROZの良いところだと思いますね。
  • staff_02

    開発部長 I

    2013年入社

    最大手IT企業の研究所出身、開発部長としてHEROZの開発を支える大黒柱。

    これまでのキャリア
    小学生の頃から理数のおもしろさに目覚め、大学では情報工学を専攻しました。研究は、GA(遺伝的アルゴリズム)を扱いました。AIにもつながる分野の研究ですね。
    そういった研究の中で、それまでのロジカルな答えを超える、まさに、「人間を越えるもの」としてのAIに強い可能性を感じていました。
    また、アルバイトでは、技術者向け記事の制作会社で原稿の技術プルーフ、海外文献の翻訳なども行ってきたので、その関係でネットワーク関係の知識も学びましたね。
    大学院修了後は、最大手のIT企業に研究職として入社。中央研究所で、XML通信の分野を担当してきました。
    その後、携帯アプリの普及やゲームプラットフォームがオープンになっていく変化を見て、そこに大きな可能性を感じ、最大手IT企業からベンチャーの世界へ転身、ベンチャーのゲーム会社での開発部長などを歴任しました。
    HEROZとの接点は、代表とはIT企業時代から知り合いだったということもあり、はじめはシステムの相談役として非常勤でかかわりを持ちました。私自身がAIに大変興味を持っていたこともあり、2013年6月に入社をしました。
    なぜHEROZを選んだのか
    現在、執行役員兼開発部長として、幅広くプロジェクト全般の開発を取りまとめる仕事についています。新しいことを試せるのが楽しいですね。
    特に、自分で設計したフレームワークを全社に広げていくのは楽しいですし、各社員の業務の効率化やサービスのクオリティーアップに貢献できることにもやりがいを感じます。
    今の仕事の面白さとやりがい
    今後は、AIの適応範囲を広げていきたいと思っています。すでにサービスとしても主流になっていますが、現在のAIの利用シーンはその可能性のごく一部だと思っています。パターン認識などの技術もまだまだ可能性がありおもしろそうですね。
    また、社内でも課題はたくさんあるのでそこを解決するための仕組みも充実させていきたいです。
    HEROZらしいところは?
    エンジニアの視点でいうと、新しいライブラリやフレームワークに対して柔軟性が高いので、すぐにチャレンジできるところは刺激になります。実際に社内では、「新しいソフトが出た!」という声がよく上がっていて、「〇〇を使ってみたいのですが」との相談がよく来ます。
    また、時間の使い方にメリハリがついているところもいいと思います。みなさん、勤務時間中に目標をクリアするよう集中して作業していますね。帰宅してから勉強をしたり、研修などに参加したりしている人も多く、「そんな情報どこで仕入れたの?」と聞くと、「勉強会で情報共有されていました」といった話もよく聞きます。
  • staff_03

    プロデューサー I

    2014年入社

    将棋ウォーズのプロジェクトを支えるプロデューサー。元奨励会三段。

    これまでのキャリア
    私が通っていた小学校は少し変わっていて、授業で将棋がありまして、その授業ために祖父に将棋を教わったのが将棋のスタートでした。将棋は自分に合っていたと思うのですがとても楽しくてのめり込み、学内の大会でも優勝し、3年生ごろから全国大会にも出るようになり、5年生の時に奨励会に入会してプロ棋士を目指してきました。奨励会は将棋の猛者が集う場所なので、学ぶことも多かったですが、自分と向き合いいかに強くなるかだけを考えていましたね。その後、奨励会は年齢制限で退会することになり、競馬の情報サイトやゲームに関するサービスを提供する会社に就職することになりました。そこで、初めて将棋以外の「サービスづくり」に真剣に向き合いましたね。その後、HEROZに入社して最初はカスタマーサポートやデバッグ業務を担当し、様々なタイトルに関わってきました。現在は、プロデューサーとして将棋ウォーズを担当しております。
    なぜHEROZを選んだのか
    HEROZは将棋仲間の中でも知られていて、私も以前からなんとなく興味は持っているという状態でした。なので、たまに採用ページなども見ていましたね。前職に勤務して1年の節目で会社に残るか出るかを考えるきっかけがありまして、そこで考えた結果、一度将棋からは離れたものの、やっぱり将棋が好きなので、この1年のサービスを作ってきた経験を将棋に関わるサービスで活かせるんじゃないかと思い、チャレンジしてみようと思いました。
    今の仕事の面白さとやりがい
    現在は将棋ウォーズのプロデューサーとして、社内外との調整や、様々なイベントの企画など運営全般を行っています。当然売上を上げることは大事ですが、その前提としてユーザーに満足して遊んでもらえるかという視点が最も大事だと思っています。私の場合、ユーザー目線で考えられるのが強みだと思っており、ユーザーに喜んでもらえる企画を考えています。最近の取り組みとしては、テレビ朝日様との企画で『朝日新聞社杯第2期将棋ウォーズ棋神戦 in テレ朝夏祭り』を行い、幅広い方にサービスを見てたのしんでいただける機会を作れたことですかね。ユーザーからも反響も大きく、結果的に売り上げにも反映されたので、ユーザーとサービスがwin-winになれたかなと思います。機能面では棋譜解析の機能がリリースできたことが大きいですね。棋神解析は私も勉強のために使っています(笑)。この機能が出来たことで、幅広い層の方がそれぞれの目的に合わせて弱点の発見に使ったり、戦略強化のツールとして使っていただいており、大変やりがいを感じられますね。面白さという点では人生を賭けた将棋に今でも関わっていられるというのは幸せなことだなと思います。
    今後やりたいことは
    はっきりとは言えませんが、将棋ウォーズを通じて、まだまだできることが沢山あると感じています。将棋はプレイできるようになるまでに覚えるべき基本ルールが多いため、全くの初心者が将棋ウォーズを使うことは少ないと思いますが、私としては、初心者の段階でも将棋ウォーズの中でプレイすることで強くなってもらえるようにしたいし、「強くなるから好きになる→好きになるから強くなる」というサイクルを将棋ウォーズの中で重ねてもらえるようなアプリにしたいと思っています。
    HEROZらしいところは?
    以前の職場と比べてになりますが、業務への集中度合いが非常に高いため、オフィスは静かですし無駄な残業などがかなり少ない方だと思います。将棋ウォーズの開発チームに関して言えば、私以外にも奨励会出身者がいますし、将棋が好きな人が多いこともあり、ユーザーを大事にしていろいろな企画が立てられると感じています。また、個性が強いメンバーが揃っていますが、それぞれの強みを発揮しながら協力してサービスを作りだせるチーム環境だと思います。
    私はゲームの開発などに関する知識は足りないところはありましたが、ユーザー目線でアプリの改善すべき点を積極的に提案していました。その結果もあって、将棋ウォーズのチームに参画することになり、今のチャンスをもらえています。そういったところもHEROZらしいところかと思います。
  • staff_03

    人工知能研究者 山本一成

    2012年入社

    将棋電王戦で世界で初めてプロ棋士に勝利したPonanza開発者

    これまでのキャリア
    すごい人がいっぱいいるはず!という期待から東京大学に入学しました。しかし、テレビに出てくるようなすごい人は実際にはいるものではないですね(笑)。がっかりした第一印象から大学生活がスタートしました。そんなこともあり、正直学業にはあまり力が入らず、昔から好きだった将棋にのめり込んでいましたね。ただ、留年したことをきっかけに危機感が強くなり、自分が今後やることを考えなければと思うようになりました。そこで「これまで食わず嫌いして経験していなかったところ」から自分のやるべきことを見つけようとして始めたのがプログラミングでした。全くの素人なので入門書とか買ってのスタートです(笑)。その勉強の中で、探索の基礎問題をやっていた時、その構造が将棋と共通点があることに気づいたんです。ここで将棋と、プログラミングが初めてリアルに重なり、そこから将棋のプログラミングに没頭しました。その中で壁にぶち当たりながら機械学習の技術を取りこんだりしながら試行錯誤を繰り返し、Ponanzaが生まれてきました。大学院へ進学後も将棋プログラミングに取り組み、実はインターンでHEROZで開発をやっていたりもしましたね。
    なぜHEROZを選んだのか
    大学院生の時、知り合いからHEROZのインターンの誘いをもらったのがきっかけですね。仕事内容は将棋ウォーズの開発でした。当時は、今ほどゲームアプリの開発手法が進んでいなかったので、かなり手探りな部分もありながら開発を進めていました。そんな状況でもあったので、自分が興味のある新しい技術などを積極的に取りこみたいと提案し開発を進めていました。代表の林をはじめ、開発エンジニアも含めて将棋愛が強い人が多かったこともあり、この人達とこのプロダクトを完成させたいという思いも強かったので、そのまま大学院卒業後にHEROZに入社しました。
    今の仕事の面白さとやりがい
    語るまでもないかもしれませんが、将棋のプログラムって本当にめちゃくちゃおもしろいです。当初は、プログラムよりも自分の方が将棋が強いわけですが、プログラムを強くして行くとある時、自分を超える瞬間がある。正直不愉快でしたが(笑)。
    今や完全にPonanzaの方が私より将棋の実力では上ですが、こういった経験ってなかなかなくて、あるとすれば想像ですが子育てとかぐらいじゃないですかね。
    この一連の流れを最初の段階から荒れ地を耕すかのようにやってきたことが大変やりがいでもあったし楽しかったです。最近は、将棋プログラムの開発については高速道路ができているようなもので世の中に一定レベル以上の強いプログラムがオープンになっているので、荒れ地を耕す必要がないんですよね。それがいいか悪いかはわかりませんが、自分にとってはそこを経験できたことは大きいように感じています。
    今後やりたいことは
    まだ考えているところではありますが、ディープラーニングの技術は毎週新しい発表があってすごく可能性を感じています。ただ、その量がすごくてすべての最前線をキャッチアップするのは大変ですが(笑)。こういった技術を使って新しいことにチャレンジして行きたいですね。
    HEROZらしいところは?
    フラットな会社で、階層が少ないところがやりやすいと思います。インターン時代ですが、私は当時のゲーム開発ではわりと挑戦的な新規技術や開発方法を積極的に取り入れていました。当時は意識していませんでしたが、インターンだからと任せてくれない会社も結構多いと思うんです。でも、その時のエンジニアは私に任せてくれていました。そういった点でもフラットさや技術への興味の高さがHEROZらしいところかと思いますね。