HEROZ JAPAN AI x mobile

TOPICSトピックス

2016.01.04プレスリリースHEROZ、第三者割当により1億円の資金調達を実施

人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画・開発・運営を行う、HEROZ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:林 隆弘、以下「当社」)は、藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス代表取締役社長)を主要投資家とした一二三(ひふみ)インキュベートファンド有限責任事業組合を第三者割当先とする1億円の資金調達を実施しました。

今回の資金調達は、エンジニアの採用による当社人工知能研究体制の強化、将棋・チェス・バックギャモン等AIを活用した頭脳ゲーム領域やその他ビジネス領域の拡大を目的に行うものです。特に、FinTech(フィンテック:金融IT)分野では、既に大手金融機関との協業で当社の人工知能技術が活用されるなど収益化に成功しており、同分野における研究開発も今後一層強化していきます。

【当社のコア技術について】
当社は、「将棋ウォーズ」、「CHESS HEROZ」、「BackgammonAce」の開発を通じて蓄積した機械学習等の人工知能(AI)関連の手法を固有のコア技術とし、現役将棋プロ棋士に勝利した将棋AIの開発者などトップエンジニアが日々開発に取り組んでおります。当社のAI研究者は過去3名が将棋電王戦に出場しており、うち2名はコンピューター将棋選手権でも優勝するAIを開発するなど、全社的にAIの研究に力を入れております。また、一般社団法人「人工知能学会」の賛助会員として最先端のAI動向の把握に努めており、AIを戦略的な重点分野と位置づけております。

頭脳ゲームプログラミングの歴史

人工知能開発の一分野として、古くから研究。

  • チェス(1910年代~)

    img_01

    指し手の可能性=約10120

    DeepBlue(’97)が
    人間に勝利

  • 将棋(1970年代~)

    img_02

    指し手の可能性=約10220

    当社エンジニア開発の
    人工知能が現役プロ棋士
    に勝利(’13)

  • 囲碁(1970年代~)

    img_03

    指し手の可能性=約10320

将棋における人工知能開発の歴史

2004年に機械学習によるイノベーション、その後10年で一気にトッププロと同等の実力に。

【コンピュータ将棋ソフト 強さの変遷イメージ図】

img_04

人工知能に求められる要素

コンピュータの特性上、将棋における「判断・意思決定」が長年の課題。

img_05

2004年 機械学習によるイノベーション

将棋人工知能の開発は、機械による自動学習とマシンパワー(クラウド、クラスター接続)の世界へ。

img_06

img_07

機械学習による評価関数生成イメージ

img_08

当社では、頭脳ゲームの開発を通じて、他分野への応用が可能な
ビッグデータを用いた機械学習やディープラーニング等の
人工知能関連の手法を蓄積しております。

【引受先について】
一二三インキュベートファンド有限責任事業組合(東京都千代田区)
株式運用で豊富な実績を持つ藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス代表取締役社長)を主要投資家としたインキュベートファンドです。

【HEROZ株式会社について】
HEROZは、人工知能(AI)などの技術を活用したサービスの企画・開発・運営を行う会社で、「驚きを心に」をコンセプトとして「世界を驚かすサービスを創出」していくことを目指しております。
今後も「AI x mobile」を軸に積極的に技術開発やサービス提供、コラボレーション活動等を続け、人工知能革命を推進し、各産業にパラダイムシフトを起こして参ります。

【本件についてのお問い合わせ】
HEROZ株式会社 広報
Web: http://heroz.co.jp/
Email:press@heroz.co.jp
本件へのお問合せは、上記よりご連絡お願いします。